2014年12月

今年最後の日

 とうとう2014年12月31日になってしまいました。
何もかも不十分で、し残したことがいっぱいで
でも、元気で新年を迎えられそうなことを喜んでいます。

今年は本当に忙しかった。
でも、それなりに自分の思うようにことが進んだことは
きっとなにかの大きな力に守られていると思う。

最近写真を写していないので、年末のある日の夕焼けが
とっても綺麗だったので、それを添付します。

DSC05010
DSC05008

来年こそ 平和で穏やかなとしになりますように
元気で楽しいことがいっぱいある一年にしたいです。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨日も今日も寒いねぇ

 昨日スタッドレスタイヤに替えてもらいました。
エンジンをかける時にヒユンと言うような音がしていたのを
さすがモータースのお兄さん、気づいて下さり
「直しておいたから、また音がするようなら来てね」と。
ありがたい!時々のことで、言い忘れていたのに。

これで安心、だからと言って雪を待つつもりは無い。

今朝は寒かった。
居間の温度計が、3.8度。
えっ、冷蔵庫の中の方が温いわ。
外に出てまたびっくり。マイナス2度
ザクッと音がしました。
DSC05001

私が踏んだ、霜柱。

DSC04999
踏んでいない所は、土を持ち上げています。
4センチ位の霜柱です。
DSC05003p
万両の実も赤くなってきました。
台風の時に避難した植木鉢がこんな所に・・・

お正月まであと半月。
しなければならないことがたくさんある。

でも、余りの寒さに、心がしぼんでしまう。
明日こそ、頑張る!

冬用タイヤを装着していないのに

 明日は冷えるらしい。
風も強いみたいだし、まだ冬用タイヤを装着していないので
今朝はモータースへ行こうと思っていたのに、途中から
メガネが行方不明。
メガネが無くても歩くのには困らないが、小さな字が読めない。
歩いたところをあちこち探したが、見つからない。
ふと見ると目の前に・・・
見ないものは見えない。

出発が遅れ、今日はモータースへ行くのをやめた。

こんな時いつも自分に言う言い訳。

「これで良かってん、きっと。事故に遭わんで済んだと思う」と。

いつも事故の後によく通る。もうちょっと早かったら私が事故に
遭っているかもしれないからきっと、これで良かったんだ。
DSC04956
ガラスに写るイルミネーション。
DSC04964
夜のベゴニア室。

これは・・・・・いつもと大分違うねぇ。
花たちもきっとびっくりだわ。

明日、雪が降りませんように・・・・
強い風が吹きませんように、穏やかな一日になりますように・・・

夜の温室もステキ!

 今日は夜の温室の画像です。
DSC04979
夜のラン室です。
DSC04978
大きな葉はクワズイモ
DSC04981
これはラン室のクリスマスリース
DSC04982

DSC04985

温室のガラスに写る「幸せの虹」

そこで考えたのですが暖かい温室に居てこの位置で居れば
外からこのように写りますよ。
食事をする時にもっと顔を見せてもいいしね。

何とかハートの輪の中に人を入れたいのです。

勤務から帰る時に猛スピードでトンネル内に音を響かせ走りすぎる車が
ありました。
トンネルを過ぎると、道は渋滞。それでもその車は縫うように走っていましたが、
その先にはパトカーの点滅。
あれこそ乱暴な運転だと思うけれど、捕まりもせず、横道に逸れていきました。
そんなに急ぐ用事があったのかな?

神様はいらっしゃる!

DSC04994

DSC04974

DSC04984
ハートの欠けたところに私が居ます。
フラッシュ禁止にしたら、やはり写りませんでした。
良い方法を見受けましたよ。
ガラス越しの室内でハートの前に立ってこの虹の橋を写したらきっと
ばっちりです。
DSC04970

DSC04966
こんな素晴らしいタワーがありました。
水面に写っているタワーわかりますか?

残りはまた明日。

神様はいらっしゃると思ったことがありました。
姉に頼まれて、留守中の姉の家に行きました。
ずっと気になっていた庭木の剪定が済み、スカッとかっこよく
なっていました。
「誰に頼もうか どこに頼もうか・・・」とずっとずっと悩んでいたのに。
剪定の枝もまとめて捨てる準備が出来ていました。

誰が頼んでくれたのか?誰か料金を払ってくれたのか?
姉に聞こうにも、携帯の電源を切っているし、私の携帯は
電池が少ない!!

植木屋さんの道具が置いてある所へ、メモを置くことにしました。
“剪定のお礼と、料金を支払うので連絡が欲しい”・・・・・と

その時軽トラックが止まって、おじさんが私の方を見て降りて来られ

「綺麗に剪定していただいてありがとうございました!姉が頼みましたか?」
「勝手なことしてゴメン、この頃忙しくて、ちょっと手が空いたので気になって
今年最後やからタダでもええわと思って・・・」

伸び放題のすごい枝、トゲのあるニセアカシアは垣根から伸びだし
ずっとずっと心を痛めていただけに、涙が出るほど嬉しかったのです。

以前にお願いした植木屋さんらしく、お支払いも出来ました。
もう何分か前後していると、会わずにすれ違ったし、今日行かなかったら
剪定も知らずに、シルバーさんに頼むところでした。

「ニセアカシアのトゲ痛かったでしょう?」
「この手やから大丈夫」ゴツゴツしたグローブのような働き者の
手でした。

きっと神様のお導きでしょう、感謝!!
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

sakura

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ