2006年06月

露草の花

 露草の花が一輪だけ咲きました。 

子どもの頃に、この花びらをすりつぶして、絵を書いた気がする。
1410d9e6.jpg
「インク花」と言っていたが、私だけか。
この花の色の液で絵を描き、水で洗うと消えるとか。
試してみようと思うけど、昔あんなにあぜ道で咲いていたのに、
今は少ししか咲いていない。それも、プランターの中で。
一日一輪ほど、それにしても花の可愛さに比べ、葉の発育の旺盛なこと。
青花の液というほど取れないので、まだ試してはいない。

今朝、退職する同僚に、スナップ写真をあげようと、印刷した。
姓と名も聞いているのに、顔が一致しない。
3人のHさんが居ることを知らず、最近元気の無いAさんと思い込み、Aさんの写真を探し出した。
ところが若くないと聞き、Bさんだと思い、Bさんの写真を探した。
退社時に、Cさんであることがわかり、それならもっとステキな写真があったのにとショックを受ける。
結局、小さな写真しかなかったが、想い出にと喜んでもらえた。
確実に、姓名を覚えることの大切さを感じた一日でした。21fc5193.jpg


この露草にしてもそう、この花を知らなければ、右のムラサキツユクサを露草と思うだろうし、まじまじと見なければ、この可愛さが見えない。
露草は、そんなに、目立たない草花なのです。
                    
                   ムラサキツユクサ →

暑い1日でした

今日は仕事が休みの日。
暑くて元気が出ないので、平池公園に 二千年ハス 「大賀ハス」を 見に行く。
平日だし、人はそんなに多くないと思っていたが、新聞の効果はすごいもの。
大勢のカメラマンが撮影中である。13b1938b.jpg

昨年より花数が少ないが、二千年の眠りを覚めた「大賀ハス」は優しい色で、立派である。
大きな望遠レンズをつけたすご~いカメラを持った人でいっぱい。
その間に入って、小さなデジカメで写すのだから、私にはカメラの重みがないだけでなく、写真にも撮影にも重みと丁寧さに欠ける気がする。
カメラ同好会の人達の会話を聞き、プロの技術を盗むことにする。
気持良く教えてくださるのに感謝!

「何でもオート」から脱出しないと進歩しないと教わった。
454886ad.jpg

写真の撮りかたの勉強をしたいと思う。

ネムノキの花(右の写真)は、やはり木が大きく、やっと手に届いた枝を引っ張って、片手で写すことが出来た。
ネムノキの花を初めて見た時の感動が表れていないけれど、こんな感じの花が枝の上を覆っています。
もっと小さい木なら、皆に気付いてもらえるのに残念です。

モジズリ(捩摺)の花

 先日の雨で、急に伸び出したモジズリが可愛い花をつけました。69abc77a.jpg

花というより草花。
でも、ラン科だそうです。
別名ネジバナ。

らせん状に花をつけ、まるで花穂をねじったように見えるので、ネジバナというのかと、納得できます。

道端?か芝生のところでよく見かけます。
芝生もマメに手入れをすると、この穂を刈り取られるので、花を見ることが出来ませんね。

右回りや左回りがあるかもしれません。
あまり目立たないけど、可愛い花です。

可愛い花のことなら、ネムノキの花がいっせいに咲き始めました。
昨日も今朝も咲いていなかったのに、帰宅途中に見つけました。

木が大きいので写真を写すことが出来るか、明日にでも、挑戦します。
淡いピンクの細い絹糸で作ったほわほわとしたポンポンのような花。
うまく表現できません。
「百聞は一見に如かず」期待していてくださいね。

ホクシア 2種

 蕾の数を数えなかったが、たくさんの蕾を持ったホクシアを買った。
eabe370b.jpg
ざっと数えて70個以上は、花が咲いた。30センチ足らずの木なのに、咲かせ過ぎかも知れないが、次々と鉢からこぼれそうなくらいに咲いている。
250円でこんなに楽しませてくれるとは…お買い得です。

挿し木をして増やそうと思っているのに、次々花が咲くので、切るに切られず、挿し木の時期を逃してしまうかもしれないそれはそれで仕方がない。7b83c090.jpg





大きな鉢に植え替えたのが良かったかも知れないが、もし、冬になっても枯れずに済んだら、来年は、もっともっと大きな鉢に替えて、2~300個の花を咲かせたいと思う。

来年も いっぱい 咲くかな? 咲いて欲しい!

胡蝶蘭6輪咲く

 胡蝶蘭がやっと六輪咲き揃いました。

c8a46d10.jpg

温室無しで2回も冬を越し咲いたのですから
私も名人か…
いえ、やはり人が多く声がして風が流れるところが良かったのかもしれません。
花は10cmはあろうと思います。
ただ、葉が弱っています。

ミズゴケも汚くなり、かといって、今、植え替えるわけに行かずこのままでは、冬を越せません。

どうしましょう!

胡蝶蘭の生命力を信じ、植え替えの時期を考え、肥料、水やりの勉強をしましょう!

でも、花屋さんの胡蝶蘭は綺麗に咲き揃って素晴らしいですね。
どうすればあのように揃うのでしょうね。
お日様の方向を考えながら置くのでしょうか。
それとも、一輪ずつ固定していくのでしょうか

私の胡蝶蘭は気ままな私のようです。
あっちを向いたり、こっちを向いたり
好奇心旺盛な私に似ているようです。

記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

sakura

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ